藤原秋のタルパー生活

他愛もない日常話のみ。

秋ですね

そろそろ秋ですねー

 

お風呂上がりにバスタオルない事に気づいてとりに行く時とかとても寒かったし、シャワー浴びたはいいけどお風呂おいだきできてなくて、シャワー流したままだとおいだきできないからシャワー止めておいだきするものの、寒いから水風呂のなかであったかくなるのを待ってるんだけど、秋になってきたからお腹が冷えてトイレに駆け込むハメになったりして、秋を実感しています。

 

秋になってくると、やはり秋って単語が使われるんですよ。

それを文字としてチラッと見る度、ん??と過剰反応してしまう自意識過剰が産まれてしまうんですよね、悲しい事に。

 

まあ、そういう感じで秋を実感してしまうのですが、考えてみると70歳まで生きるとして私の場合69回もあるんだなーと、思ってしまうのでした

 

でも69回って言葉にしてみると少なく感じるね。

 

 

 

 

 

 

オマケ

私「寒いよ...」水風呂の中

カル「でしょうね、何故そんな行為をするのか、理解に苦しみます...」

私「いやだってさ?乾燥する空気の中凍える風で震えるか、冷たい水の中で寒さを麻痺させるか...私なら後者を選ぶね!」

カル「麻痺できてないじゃないですか。」

私「入ってすぐで麻痺できないよ、ちょっとたったらすぐ寒くなくなるよー」

カル「...理解に苦しみます。」